2011年05月25日

ACL大阪ダービーはセレッソが勝利!

昨日のACL大阪ダービー見ました?

ニュースでハイライトのみ見ましたっっ!!!

試合の結果は意外なものに。


1−0でセレッソの勝利!


初出場で、8強入り!

しかも点を決めたのは、
乾選手でも清武選手でもなく、 播戸選手でもなく、

DFの高橋大輔選手が決めたんです。

前半、後半と両チーム点を奪えない中、
88分にDF高橋選手が、右サイドからノートラップで見事なシュート!

コレがゴールネットを揺らし、決勝点となりました〜!


セレッソ高橋.jpg


試合を長い時間堪能できる動画見つけました。↓↓↓



ゴールシーンは25:20頃からです。



試合前にガンバ・西野監督は、

セレッソとは歴史が違う。負けられない戦いを突破してきた自負やプライドがある」と話し、

一方、セレッソ・クルピ監督は

「互角に戦い、勝つ時期は限りなく近づいている」と自信をのぞかせる一言。


過去の対戦成績は、通算11勝3分け20敗とガンバガ圧勝。

しかも、ACLはガンバは常連、セレッソは初出場。

セレッソは、キャプテンで守りの要でもある茂庭が出場停止処分。

ガンバのホームグランド万博での試合だし、
コレは圧倒的にガンバ有利でしょっっ!!!!


と思っていたのですが、
うれしい裏切りをしてくれましたね。



試合後のガンバの遠藤選手のコメント。

「負けてしまったのは自分たちの力不足。守備の時間帯がずっと続くと、精神的にも体力的にもきつくなる。中2日、中3日の差があったことは言い訳にはならないけど、走りきれなかった部分があったかもしれない。今日の敗戦からみんなが多くことを学ばなければならないし、もう一度自分たちのサッカーを見つめ直して、気持ちを切り替えてリーグ戦に臨みたい」


そして、宇佐美選手は、
「一発勝負の難しさ。プレッシャーがかかった中で、なかなか壁を越えられない」
と悔しさをにじませたコメント。




今回ゴールを決めた高橋選手、
実はセレッソ加入前の大分時代はFWだったって知っていましたか?

セレッソに加入した昨年、
心肺能力の高さを買われてサイドバックに転向していたのです。

ってことは、守備も出来るし、攻撃参加も出来る選手ってワケですね。

この日も再三のオーバーラップで攻撃参加。

本人もインタビューで、

「あの時間だったのでシュートで終わろうと思っていた。クロスの意識を持って狙った」
とのこと。

茂庭の替わりとして出場した藤本選手も粘り強い守備で貢献してくれましたし。


セレッソ藤本.bmp


「全員でもぎ取った勝利。苦しい時間帯を乗り越えられたから、勝ちにつながった」と胸を張ったコメントを寄せてくれていますっっ!!



こんな感じで

今のセレッソいい選手がそろってますね。

平均年齢が23・9歳まだまだ成長に期待できそうですし。

香川が所属しているドルトムントとかぶる部分があるかもしれませんね・笑


今回のガンバ戦の勝利は05年12月以来5年半ぶりとのこと。
これからもガンバと互角に戦えるチームとして、大阪のサッカーを盛り上げていってほしいですね〜。


ちなみにこの試合、

G大阪初代監督の釜本邦茂氏やU−22日本代表の関塚隆監督、香川真司選手(ドルトムント)安田理大選手(フィテッセ)が観戦に訪れていたんですって。


やっぱり、昨日見に行っとくべきだったなぁ。









消費電力1/3カットするLED蛍光管を格安購入するならこちらのサイトへ。

必要な機能を追加したバーコードリーダーは株式会社アルフで。

東京都中央区で探す新築マンションの資料請求はコチラ。

ビル管理の求人情報はミートジョブで検索。

事務所移転にともなう内外装工事は大阪のBEES.にお任せください。

posted by みちゃみちゃみ at 12:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。